ゲストハウス「吉野杉の家」見学会 

見学会 2018.1.18

ゲストハウス「吉野杉の家」は、シェアビジネスをリードする「Airbnb」と建築家の長谷川豪氏、吉野町
がコラボした吉野杉の魅力と地域の魅力を発信する新しい取組みです。

11月27日(月)、このプロジェクトに関わられた吉野中央木材の石橋さんが「吉野杉の家」を案内してくださいました。

吉野杉の家全景

元々は「HOUSE VISION」という東京お台場で開かれた展示物として作られた家でしたが、他の作品が展
覧会の後は解体されてしまったのとは違い、当初からこの建物を移築して利用するという前提で建てられま
した。従って、大型トレーラー2台に載るサイズで設計されています。

1階

1階は共有スペース、2階は宿泊スペースとなっていて見えるところは全て木で作るというコンセプトのもとにデザインされました。

昔、川上から筏で材木を運び集積したという吉野川の岸辺に建っていて、大きな欅がランドマークとなっていました。

2階宿泊スペース

現在、ゲストハウスとしては、水曜~土曜までの4日間だけのオープンですが、海外の著名な建築雑誌や国内の雑誌に紹介されたこともあって、年内はほとんど予約で埋まっているとのことでした。

この建物を起爆剤に、吉野町にたくさんある空き家を活用してゲストハウスや食堂、バー、Cafe、銭湯など
が出来れば、地域の活性化に繋がるのでは?と話し合いました。

今度はゆっくり泊まってみたいと思わせる建物でした。