杉CUBEのある暮らし ~大学生の一人暮らし編~

未分類 2017.10.5

昨年から取り組んできた「m.mプロジェクト」。無垢の木の家具を手軽にDIYで暮らしに取り入れる「杉cube」。その組み合わせや使い方は、使う人にその時一番必要な「かたち」にできる、そして家族の成長とともに暮らしが変化するように変化できる、そのような家具でありたいと試行錯誤を重ねてきました。
今回、実際に春から一人暮らしを始める大学1年生にモニターとして使用してもらう試作品を作りました。
木工は初めてでも特別な工具を使わずに組立てることができます。無塗装品なので、塗装も自由です。
まずは箱を板の状態から組立ます。釘や金槌は使いません。天板は汚れが気になるので、米ぬかのワック
スと蜜ろうワックスを塗りました。

まず、基本形の杉cube 4個と浅型の杉cube 4個を写真のように並べて天板を置いてみました。

基本のボックス

浅型キューブを2コ、横にあるダイニングテーブルの上に置くと、テーブルの上がまとまりました。

浅型ボックスを机の上に置く

中央は浅型の「杉キューブ」なので、自分で購入した椅子を使い、簡単な勉強机に。パソコンのキーボード
を収納したかったので、天板にキーボード収納を取り付けました。
スライド式のキーボード置きを取付パソコンが使えるように

とりあえずは、こんな形で新生活を始めたSさん。奥行きが深い杉Cubeの収納方法を考え中、とのこと。市販の小さい収納BOXを使ってスッキリ収納できないかと思っているそうです。

私たちの考案した杉cubeが、一人一人の思いに応えられる、そんな家具になればと思います。

杉CUBEに関するお問い合わせはこちら⇒info@mokunokai.jp