杉CUBEについて

お知らせ 2020.10.5

無垢の木は湿気を吸ったり吐いたりして、湿度を一定に保つ働きがあります。また、杉は空気を清浄にする働きがあります。そのような性質があるので、内装に杉の無垢材を使うことをお勧めしていますが、そんなに簡単に家を建てたり、リフォームしたりはできません。そこで、もっと手軽に杉の無垢材を生活に取り入れられるものとして「杉CUBE」を開発しました。

大きさは、 BOX01  : A4サイズの書類が入る

        BOX02 : ハードカバーの本などが入る

      BOX03 : 奥行がBOX01の半分

      BOX04 : 奥行がBOX02の半分 の4タイプ

これらのボックスを自由に組み替えることで、棚や机、テレビ台などに使えるようにデザインしました。

サイズ表

杉CUBEに関するお問い合わせはこちら⇒info@mokunokai.jp

詳細なカタログはこちら⇒杉CUBEカタログ(PDF形式)

 杉CUBEのセット例

幅1487mm×高さ720mm×奥行368mm

BOX01:2個 BOX02:2個 BOX03:2個 BOX04:2個 天板1枚

 

幅1487mm×高さ720mm×奥行368mm

BOX01:2個 BOX02:2個 BOX03:2個 天板1枚

 

幅1487mm×高さ720mm×奥行368mm

BOX01:2個 BOX02:2個 天板1枚

 

幅1487mm×高さ408mm×奥行368mm

BOX01:2個 天板1枚

杉CUBEに関するお問い合わせはこちら⇒info@mokunokai.jp

 

杉CUBEの使用例 

パソコンなどを置いてワークスペースに

BOX01 2個、BOX02 2個、BOX03 2個、BOX04 2個、天板1枚

    ※ 小さいBOXや小物は含まれません

 

BOXを2個ずつ使ってテレビ台に  

BOX01 2個、BOX02 2個、天板1枚    ※ 小さいBOXや小物は含まれません

 

座布団を並べれば座卓にもなります

BOX01 2個、天板1枚    ※ 小物は含まれません

杉CUBEに関するお問い合わせはこちら⇒info@mokunokai.jp

 

杉CUBEのある暮らし

実際に春から一人暮らしを始めた大学1年生にモニターとして使用してもらう試作品を作りました。
まず、基本形の杉cube 4個と浅型の杉cube 4個を写真のように並べて天板を置いてみました。基本のボックス
浅型キューブを2コ、横にあるダイニングテーブルの上に置くと、テーブルの上がまとまりました。浅型ボックスを机の上に置く
中央は浅型の「杉キューブ」なので、自分で購入した椅子を使い、簡単な勉強机に。パソコンのキーボードを収納したかったので、天板にキーボード収納を取り付けました。
スライド式のキーボード置きを取付パソコンが使えるように
とりあえずは、こんな形で新生活を始めたSさん。奥行きが深い杉Cubeの収納方法を考え中、とのこと。市販の小さい収納BOXを使ってスッキリ収納できないかと思っているそうです。私たちの考案した杉cubeが、一人一人の思いに応えられる、そんな家具になればと思います。

杉CUBEに関するお問い合わせはこちら⇒info@mokunokai.jp